ライターカレッジ「実践Webライター講座」の評判・口コミとメリット5選を解説

この記事には広告を含む場合があります。

初めまして。Webライター歴3年の梅澤です!私は講座や教材を自分で購入し、ライター仲間からも評判を聞いて、良し悪しの情報を集めてきました。

ライターカレッジ「実践Webライター講座」では、受講しながら執筆実績を作れるうえ、添削や質問回答も受けられます。

充実したサポートのわりに、価格は最上位コースでも49,500円と安いのが特徴。Webライターになりたい初心者におすすめできる講座です。

この記事ではライターカレッジ「実践Webライター講座」について、以下を詳しく解説します。

  • 評判・口コミ
  • メリット5選
  • デメリット2選

現役ライターの視点から嘘偽りなく評価しているので、ぜひ最後まで読んでお役立てください。

執筆者

梅澤浩太郎

Webライターを始めて1年で月収40万円を達成。Webマーケや人工知能の分野で執筆経験あり。LPとメルマガを組み合わせた仕組み構築が得意。東北大学大学院修了。

編集:沖ケイタ

\ Amazon 5冠達成 /
沖ケイタのKindle本プレゼント

LINE登録で受け取れるので
ぜひ今すぐダウンロードしてください!

ライターカレッジ「実践Webライター講座」の概要

サービス名実践Webライター講座
運営者ライターカレッジ(コピー大学)
公式サイトデビューコース
短期集中コース
セルフコース
価格・デビューコース:49,500円
・短期集中コース:33,000円
・セルフコース:29,700円
特徴・添削サービスあり
・執筆実績が作れる
・執筆依頼のチャンスあり
受講期限・デビューコース:6ヶ月
・短期集中コース:3ヶ月
・セルフコース:1年
決済方法・銀行振込
・クレジットカード

ライターカレッジ「実践Webライター講座」は、Webライターとしてデビューすることを目的としており、内容は初心者向けです。

用意されている3つのコースの比較ポイントを、以下の表にまとめました。

デビューコース短期集中コースセルフコース
価格49,500円33,000円29,700円
添削8回4回なし
質問・相談8回4回なし
ライターとして
採用のチャンス
3回
(1回は採用確約)
原則1回なし
修了後の執筆依頼の
チャンス
ありありなし
▲スライドできます▲

おすすめは「デビューコース」です。なぜなら、確実に執筆実績が作れたり添削を8回も受けられたりするわりに価格が安く、最もコストパフォーマンスが良いからです。

少しでも金額を抑えたい場合は「短期集中コース」を選ぶのもよいでしょう。

個人的に「セルフコース」はおすすめできません。「短期集中コース」と比べて3300円しか安くないにもかかわらず、サポート内容は大幅に少ないのがおすすめしない理由です。

ライターカレッジ「実践Webライター講座」の評判・口コミ

公式サイトの「受講生の声」から3つ引用して紹介します。

ライターカレッジ「実践Webライター講座」では、Webライターになるために必要な知識を、基礎から応用まで体系立てて学べます。

受講生からは「取り組みやすかった」という口コミが見られました。

何をどの順番で学ぶべきか考える必要もなく、カリキュラム通りに進めていくだけで、楽に学習を進められるでしょう。

8回の講座で、簡単な題材から難しい題材へと徐々に移っていけたのが取り組みやすかったです。

また、書き始める前の準備工程・情報収集の際の効率的な方法・様々なタイプの文型など、実務ですぐに活かせるスキルが身につきました。

ほかにも「添削が丁寧かつ的確だった」という口コミがあります。

本講座の添削では、良いところをしっかりほめてもらえるのが特徴です。

講座を最後までやり遂げるためには、モチベーションの維持が欠かせません。添削であたたかいアドバイスをもらうことは、学習の励みになるでしょう。

講座の内容は非常にわかりやすく、楽しみながら学ぶことができました。

また、毎回の課題の添削も非常に丁寧かつ的確なアドバイスを頂き、提出課題の内容も高く評価していただいたので、それを励みに高いモチベーションを維持しながら最後までコースを受講することができました。

なお、Webライター向けの講座は多数ありますが、本講座では実績を作ることができます。

それを目的として受講する人もいるようです。

クラウドソーシングでの受注が難しかったため、実績が作れる有料講座を探しました。また、文章力も向上させたかったので受講を決めました。
Webライターとしてやっていけるように、1ステップずつ進んでいったのが良かったと思います。実務でどんどん実行していこうと思います。

本講座内で提出した課題は、採用されればメディアに掲載されます。自力で仕事を受注するのが難しい人にとって、実績作りの大きな助けになるでしょう。

ライターカレッジ「実践Webライター講座」のメリット5選

  • 低価格で添削を受けられる
  • 執筆実績が作れる
  • 修了後に執筆依頼のチャンスがある
  • 講師に質問できる
  • 3つの媒体の教材を使い分けられる

1. 低価格で添削を受けられる

ライティングスキルを高めるためには、自分の文章の添削を受けて、改善点を指摘してもらうことが大切です。

デビューコースでは8回、短期集中コースでは4回の添削を受けられるので、大幅なスキルアップが期待できるでしょう。

添削には講師の人件費もかかるため、講座の価格が高くなる傾向があります。

しかし、デビューコースは49,500円、短期集中コースは33,000円であり、添削回数が多いわりに安価だといえます。添削を受けてスキルアップしたい人に、ライターカレッジの実践Webライター講座はぴったりです。

2. 執筆実績が作れる

添削を受けるために提出した記事は、メディアに掲載される可能性があります。掲載された場合、規定の報酬がもらえるうえ、自分の執筆実績として利用できるのが特徴です。

短期集中コースでは、最後に提出した記事のみ、掲載のチャンスがあります。一方デビューコースでは、3回の掲載チャンスがあり、最低でも1回は掲載が確約される仕組みです。

執筆実績があると、発注者から信頼を得られるため、仕事を獲得しやすくなります。

カリキュラムに沿って進めていくだけで執筆実績が作れるのは大きなメリットです。

3. 修了後に執筆依頼のチャンスがある

講座に入ってライティングの勉強をしても、それだけではお金を稼ぐことはできません。自分でWebライターの仕事を獲得する必要があります。

しかし、いつまでも仕事が獲得できず、Webライターとして活躍できない人もいるのが現実です。

デビューコースか短期集中コースを修了すると、ライターカレッジから記事執筆を依頼される可能性があります。

必ず依頼がもらえる保証はありませんが、チャンスがあるだけでも大きなことです。自分の実力を見せるため、課題をがんばるモチベーションにもなるでしょう。

4. 講師に質問できる

デビューコースと短期集中コースでは、講師に質問する権利が与えられます。なお回数には制限があり、デビューコースは8回、短期集中コースは4回です。

例えば、以下のような内容を相談できます。

  • 教材で理解できなかった箇所
  • Webライターの仕事の獲得方法
  • フリーランスとしての働き方

Webライターはひとりで作業することが多いため、人に質問できる機会は貴重です。わからないことがあれば、遠慮なく質問してみましょう。

5. 3つの媒体の教材を使い分けられる

ライターカレッジの実践Webライター講座では、教材が以下の3つの媒体で提供されます。学べる内容はいずれも同じです。

  • 動画
  • 音声
  • テキスト

状況に応じて媒体を使い分けることで、効率よく学習を進められるでしょう。

例えば、自宅では動画をじっくり視聴し、通勤時には音声を聞いて反復学習。ピンポイントで復習したいときには、テキストを読むといった使い方が可能です。

「教材は動画のみ」という講座もある中で、3つの媒体を使い分けられるのは本講座のメリットだといえます。

ライターカレッジ「実践Webライター講座」のデメリット2選

  • コース選びで失敗する危険がある
  • 受講期限が決められている

1. コース選びで失敗する危険がある

3つのコースから選べるのは良いように見えるかもしれませんが、むしろデメリットが大きいと私は感じます。

なぜなら、実績作りや添削の価値がまだわからない初心者が、価格だけを見て安いコースを選ぶ危険があるからです。

最も安い「セルフコース」は、サポートがほとんどないためおすすめできません

初心者向けであることを考えると「セルフコース」の選択肢はなくしたほうがむしろ親切でしょう。

2. 受講期限が決められている

ライターカレッジの実践Webライター講座では、以下の通り、コースごとに受講期限が設定されています。

  • デビューコース:6ヶ月
  • 短期集中コース:3ヶ月
  • セルフコース:1年

期限を過ぎると添削や質問回答を受けられなくなってしまうため、注意が必要です。

受講料を無駄にしないように、学習時間を確保できる期間を見極めたうえで講座を購入しましょう。

なお本講座の修了後に収入を伸ばしていくには、Webライターの稼ぎ方を知っておくことが大切です。

当メディアでは運営者の沖ケイタが執筆したKindle本「Webライター未経験から月収100万円を稼ぐまでのロードマップ」を無料で公開しています。

Webライターとして稼げるようになるまでの流れがまとめられているので、ぜひこちらもお役立てください!

Amazonで5冠達成

ライターカレッジ「実践Webライター講座」と他講座の比較

ライターカレッジ
「実践Webライター講座」
Writing Hacksウェブタス
Webライターコース
ユーキャン
WEBライター講座
価格・デビューコース:49,500円
・短期集中コース:33,000円
・セルフコース:29,700円
89,800円440,000円19,000円
教材・動画
・音声
・テキスト
動画動画・動画
・ワークブック
添削サービスあり3回無制限3回
質問対応
サポート期間3ヶ月〜1年無期限無期限3ヶ月
特徴・添削サービスあり
・執筆実績が作れる
・執筆依頼のチャンスあり
・案件紹介
・教材アップデート
・案件紹介
・キャリアプラン面談
・返金保証
標準学習期間
1ヶ月
詳細記事本記事記事記事記事
サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
▲スライドできます▲

ライターカレッジ「実践Webライター講座」は、他講座と比較するといずれのコースも安い価格帯だといえます。

49,500円で8回も添削が受けられるデビューコースは、価格のわりにサポートが充実しておりおすすめです。執筆実績が作れるので、修了後の案件獲得にも役立ちます。

ただし、本講座はあくまでもWebライターデビューを目指す初心者向けです。

すでにライターとして活動してる人が受講すると、学習内容が物足りなく感じる可能性が高いため、他講座を選びましょう。

【超厳選】Webライターにおすすめの講座10選!選ぶときのポイントも解説