ユーキャン「WEBライター講座」の口コミ・評判!メリット4選とデメリット2選

この記事には広告を含む場合があります。

初めまして。Webライター3年目の梅澤です!

Webライターを中心に1400人以上が所属するオンラインサロンに2年以上所属し、オフ会などのイベントにも積極的に参加してきました。

Webライター向け講座の体験談はよく聞いてきましたし、私自身も受講経験があるので、リアルな実態には詳しいです。

テレビCMなどで知名度のあるユーキャンの中でも「WEBライター講座」は、2021年7月にスタートした比較的新しい講座。

結論から言うと、費用を抑えて基礎を学び、添削を受けたい人におすすめです。この記事では、以下を解説します。

  • 口コミ・評判
  • メリット・デメリット
  • 他の講座との比較

他の講座と何が違うのかを知って、自分に向いているかを判断しましょう。ぜひ最後までご覧ください。

執筆者

梅澤浩太郎

Webライターを始めて1年で月収40万円を達成。Webマーケや人工知能の分野で執筆経験あり。LPとメルマガを組み合わせた仕組み構築が得意。東北大学大学院修了。

編集:沖ケイタ

\ Amazon 5冠達成 /
沖ケイタのKindle本プレゼント

LINE登録で受け取れるので
ぜひ今すぐダウンロードしてください!

ユーキャン「WEBライター講座」の概要

サービス名WEBライター講座
運営会社株式会社ユーキャン
公式サイトこちら
価格19,000円
特徴・添削サービス3回
・講義動画18レッスン
(約150分、合成音声)
・紙のワークブック
(B5判、60ページ)
期間・標準学習期間:1ヶ月
・サービス提供は3ヶ月間限定
決済方法・クレジットカード
・キャッシュレス決済
・郵便局、ゆうちょ銀行
・コンビニエンスストア

Webライター講座を選ぶ際には、添削サービスが付いているものを選ぶのがおすすめです。

なぜなら、知識だけなら書籍やYouTubeでも学べますが、添削を受けられる機会は講座やスクール以外にはほとんどないからです。

添削を受けることで気づきにくい自分の「文章のクセ」を知って直せるため、スキルアップに大きな効果があります。

本講座では、添削を3回も受けられます。それでいて、価格は19,000円に抑えられているのが大きなポイントです。

なお、支払いは「月々1980円×10回(総計:19,800円)」の分割も可能です。金銭的な余裕があまりない人でも購入しやすい講座だといえます。

ユーキャン「WEBライター講座」の口コミ・評判

  • 悪い口コミ
  • 良い口コミ

1. 悪い口コミ

「添削を受けるために取り組む課題が難しすぎる」という口コミがありました。

添削受けられることは魅力であるものの、Webライターらしい文章を書き慣れていない人には、大変だと感じられるようです。

せっかくお金を払ったのに、課題を提出できないまま終わってしまうのでは、たしかにもったいないです。

とはいえ、Webライターとして活躍するためには、いまの自分が「難しい」と感じる案件に挑戦しながらスキルアップしていく必要があります。

大変な思いをしながら課題に取り組むことは、一人前のWebライターになるための良い練習になるでしょう。

2. 良い口コミ

本講座では「Webライターとしての心構え」「ライティングのテクニック」などが、初心者向けにわかりやすく丁寧に解説されています。

「基礎中の基礎から学べるのが良い」という口コミがありました。初めてWebライターの勉強をする人に適した講座だといえます。

ほかにも「添削で褒めてもらえてうれしかった」という口コミもありました。

添削と聞くと、悪い部分を厳しく指摘されるというイメージがあるかもしれませんが、本講座では良い部分はしっかり高評価をしてくれます。

上から目線で威圧的な添削をされてしまうと、良いアドバイスをもらっても素直に聞き入れにくいというのは、私自身も経験があります。

本講座では、褒めてもらったうえで「さらに良くするための改善点」を教えてもらうので、気持ちよく取り入れやすいでしょう。

ユーキャン「WEBライター講座」のメリット4選

  • 価格が安い
  • 全3回の添削指導がある
  • 動画で初心者向けの基礎を学べる
  • 紙のワークブックが自宅に届く

1. 価格が安い

Webライター向けの講座やスクールはたくさんありますが、その中で19,000円という価格は安いほうだといえます。

そのため、手持ちのお金が少ない人でも購入しやすいです。もし自分に合わなくてうまく活用できなかったとしても、金銭面のダメージは少なくて済みます

案件を取り始める前の初心者は、Webライターの仕事が自分に向いているのか正確には判断できません。

いきなり大きな金額を講座に使ってしまうと、やってみてWebライターの仕事が嫌だと思っても簡単にはやめられないでしょう。

試しにWebライターの仕事をやってみる前の準備として、比較的安価なユーキャンの講座は適しています。

2. 全3回の添削指導がある

添削の機会が3回もあるのは、本講座の大きなメリットだといえます。

もっと高価格帯の講座であれば、添削サービスが付いているのは珍しくありません。しかし、本講座はこれだけ低価格にもかかわらず、添削を受けられることがすごいのです。

しかも3回も機会があれば、前回の添削で指摘された部分注意しながら執筆して、その原稿に対して添削を受けられます。

そうやって改善していくことで、ライティングスキルは大きく向上するでしょう。

3. 動画で初心者向けの基礎を学べる

本講座の内容は、初心者向けに特化しています。そのため、予備知識がまったくなく、これから学習を始める人にぴったりです。

Webライターを目指すための最初の教材として使うのに向いています。一方、他の講座やスクールですでに学んだ人が購入すると、物足りなく感じるでしょうから要注意です。

動画はスライドを写しながら、合成音声の解説が流れる形で進められます。受講を検討してる人のために、以下のサンプル動画が公開されています。

合成音声が嫌だと感じる人もいるでしょうから、購入前に問題ないか確認しておきましょう。

4. 紙のワークブックが自宅に届く

Webライターの講座やスクールでは、教材がオンラインのみで提供されることも多いです。

しかし、本講座では「ポイントチェック&ワークブック」という冊子が用意されており、郵送で自宅に届きます。

「動画を見るだけではなかなか頭に入らない…」という人には、うれしい教材です。

ワークブックには、動画講義の内容が凝縮されて掲載されています。動画で学んだ後の復習に使うとよいでしょう。

なおWebライターとして収入を伸ばしていくには、ライティングスキルを身につけるだけでなく、段階ごとにすべきことを理解しておくことが大切です。

当メディアでは運営者の沖ケイタが執筆したKindle本「Webライター未経験から月収100万円を稼ぐまでのロードマップ」を無料で公開しています。

ぜひこちらもスキルアップにお役立てください!

Amazonで5冠達成

ユーキャン「WEBライター講座」のデメリット2選

  • 3ヶ月間しかサービスを受けられない
  • 質問には答えてもらえない

1. 3ヶ月間しかサービスを受けられない

本講座のサービス提供期間は、購入から「3ヶ月」と決まっています。この期限を過ぎると、添削を受けられないだけでなく、動画も視聴できなくなってしまいます

Webライターとして働き始めてしばらく経ってから、動画を見返せないのは大きなデメリットです。

3ヶ月以内にすべての学習を終えられるように、事前に計画を立てましょう。忙しい時期は避けて、学習時間を確保できる見通しが立ってから購入すべきです。

2. 質問には答えてもらえない

多くの講座やスクールでは、教材のわかりにくい箇所の質問に対応してくれます。しかし、本講座ではそうしたサポートはありません。

学習内容が難しすぎてついていけなくなるのではと、不安を感じやすいです。

とはいえ、講座では基礎的な内容をわかりやすく伝えているため、動画とワークブックをよく見れば自力で解決できることがほとんどでしょう。

ユーキャン「WEBライター講座」と他講座の比較

ユーキャン
WEBライター講座
Writing Hacksウェブタス
Webライターコース
ヒューマンアカデミー
通信講座
WEBライティング講座
価格19,000円89,800円440,000円32,000円
教材・動画
・ワークブック
動画動画・動画
・テキスト、問題集
添削サービス3回3回無制限なし
質問対応
サポート期間3ヶ月無期限無期限6ヶ月
特徴標準学習期間
1ヶ月
・案件紹介
・教材アップデート
・案件紹介
・キャリアプラン面談
・返金保証
資格取得サポート
詳細記事本記事記事記事記事
サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
▲スライドできます▲

ユーキャン「WEBライター講座」は、他の講座と比べて価格が安いのが特徴です。安価にもかかわらず、3回の添削を受けられるのが注目ポイントです。

費用を抑えて基礎を学び、添削を受けたい初心者に向いています。

ただし、動画がわずか3ヶ月で見られなくなってしまうことは、大きなデメリットです。教材が無期限で閲覧できる講座もあります。

Webライターになる準備として、短期集中で学ぶ講座であることを理解しておきましょう。

【超厳選】Webライターにおすすめの講座10選!選ぶときのポイントも解説