宣伝会議「Webライティング実践講座」のメリット5選とデメリット3選を解説

この記事には広告を含む場合があります。

初めまして。Webライター歴3年の梅澤です!私はこれまでにWebライターの講座や教材を多数購入して、良し悪しを判断する目を養ってきました。

宣伝会議「Webライティング実践講座」は、2日間の講義をライブ配信で受講できる珍しい講座です。

最新情報が多く盛り込まれており、企業内のWeb集客やシステムの担当者におすすめできます。一方、Webライター志望の初心者向けではありません。

本記事ではこの講座について、以下を詳しく解説します。

  • メリット5選
  • デメリット3選
  • 他講座との比較

他講座の価格や内容を踏まえて比較し、嘘偽りなく評価しているので、ぜひお役立てください。

執筆者

梅澤浩太郎

Webライターを始めて1年で月収40万円を達成。Webマーケや人工知能の分野で執筆経験あり。LPとメルマガを組み合わせた仕組み構築が得意。東北大学大学院修了。

編集:沖ケイタ

\稼げるWebライターを目指すあなたへ/

「Webライター未経験から
月収100万を稼ぐまでのロードマップ」

Amazonで5冠を達成した僕のKindle本「Webライター未経験から月収100万円を稼ぐまでのロードマップ」を無料で配布しています!

40,000文字を超える超大作なので、ぜひ今すぐダウンロードしてください!

宣伝会議「Webライティング実践講座」の概要

サービス名Webライティング実践講座
運営会社株式会社宣伝会議
公式サイトライブ配信
オンデマンド配信
価格・ライブ配信:92,400円
・オンデマンド配信:59,400円
特徴・著名人による講義
・制作者視点で学べる
・最新情報にも対応
・短期集中で学習
期間・ライブ配信:2日間
・オンデマンド配信:7日間
決済方法・クレジットカード
・銀行振込

本講座には「ライブ配信」と「オンデマンド配信」の2種類があります。2023年12月20日時点で募集中の講座について、情報を以下にまとめました。

ライブ配信オンデマンド配信
価格92,400円59,400円
期間2日間の講義7日間動画を視聴可能
質問講義中に可能不可
カリキュラム第一部:10:00〜12:00
第二部:13:00〜15:00
第三部:15:20〜17:20
(2日間共通)
第一部:約120分
第二部:約120分
第三部:約85分
合計時間12時間約5時間
▲スライドできます▲

ライブ配信を受講するには、講義が開催される2日間にわたって10時〜17時20分の時間を確保する必要があります。

時間を確保できない場合、オンデマンド配信しか選択肢はありません。

2種類を比べると、価格のわりにカリキュラムのボリュームが多いライブ配信のほうが、お得感があります。

ただし、オンデマンド配信は7日間であれば何度も視聴できるのに対して、ライブ配信は一度しか講義を見られません。自分に合ったほうを選びましょう。

宣伝会議「Webライティング実践講座」のメリット5選

  • 著名人の講義に参加できる
  • 企業の担当者視点でライティングが学べる
  • 最新情報に対応している
  • 短期集中で学習を進められる
  • リアルタイムに質問できる

1. 著名人の講義に参加できる

本講座の講師は、ライティングの分野で実績のある著名人が務めます。講演会などのイベントや著書で知っている人が、登壇することもあるでしょう。

本講座は「あの人の話を聞いてみたい」を叶えてくれます。講義中には質問をして、講師とコミュニケーションを取ることも可能です。

以下のように「大ファンの松尾シゲオキさんが登壇した!」という口コミもありました。

日程によって講師は異なります。受講したい講師がいる場合は、SNSをフォローして告知を待ったり、次回の日程をこまめにチェックしたりしましょう。

2. 企業の担当者視点でライティングが学べる

Webライティングを学べる他講座は、Webライターを育成するものがほとんどです。

しかし、本講座は企業内のWeb集客やシステムの担当者を対象としています。学べる内容の例は以下です。

  • キャッチコピーの作り方
  • コンバージョンへのつなげ方
  • SEOのテクニック
  • 生成AIの操作方法

受講後にすぐに使える実践的なテクニックが、多数盛り込まれています。ライティング技術を身につけたい企業の担当者に、ぴったりの講座です。

3. 最新情報に対応している

本講座は定期的にライブ配信を行い、その内容をオンデマンド配信で販売しています。

ライブ配信の内容は、直近数ヶ月に起こったアップデートなども踏まえているため、情報の鮮度が高いのが特徴です。

Webの世界は変化が早いので、効果的だったノウハウが、半年するともう通用しなくなることがよくあります。常に最新情報を手に入れることは重要です。

多くの他講座では、いったんカリキュラムを作ったら何年も使われ続けて、アップデートも部分的にしか行われません。

最新情報に対応していることは、本講座の大きなメリットです。

4. 短期集中で学習を進められる

ライブ配信ではわずか2日間で、12時間に及ぶカリキュラムをすべて学べます。オンデマンド配信でも、5時間の講義を一気に視聴可能です。

すぐに自社メディアを改善したい担当者にとって、このスピード感はありがたいと感じられるでしょう。

講義内容は厳選されているので、基礎的な内容の学習に時間を費やすことなく、必要なノウハウを効率よく学べます。

5. リアルタイムに質問できる

ライブ配信では、講義の途中に質問時間が設けられています。

講義内容について不明点があれば、その場で講師に直接質問が可能です。著名な講師とやり取りをする貴重な機会が得られます。

講義中に質問して疑問を解決しておけば、実務に戻ったときに、学んだことをすぐに実践できるでしょう。

宣伝会議「Webライティング実践講座」のデメリット3選

  • 価格のわりにサポートが少ない
  • オンデマンド配信の視聴期限が短い
  • ライティングの基礎は学べない

1. 価格のわりにサポートが少ない

本講座にはサポートがほとんどありません。ライブ配信で講義中に質問ができることが、唯一のサポートです。

サポートが少ないことを考えると、ライブ配信が92,400円、オンデマンド配信は59,400円という価格は、高いと感じられます。

特にライティングスキルを高めるために重要な「添削」のサポートがないことは、大きなデメリットです。

もっと安い価格で添削を受けられる講座もあります。サポートを期待するのであれば、他の講座を受講しましょう。

2. オンデマンド配信の視聴期限が短い

ライブ配信とは違って、オンデマンド配信はいつでも好きなときに、何度も繰り返し視聴できます。

ところが、オンデマンド配信の視聴期限は、購入からわずか7日間のみです。

動画を無期限で視聴可能な講座はたくさんありますし、少なくとも数ヶ月間は視聴できる講座がほとんどです。

オンデマンド配信でも動画を7日間しか見られないことは、本講座のデメリットだといえます。

3. ライティングの基礎は学べない

本講座の内容は、企業内のWeb集客やシステムの担当者がすぐ使えるテクニックに特化しています。そのため、ライティングの基礎的な内容は学べません。

ライティング初心者であれば、基礎から学べる他講座を受講したほうがよいでしょう。

Webライターとして稼いでいくには、どのように収入を伸ばしていけばいいのか、道筋を理解しておくことも大切です。

当ブログでは運営者の沖ケイタが執筆したKindle本「Webライター未経験から月収100万円を稼ぐまでのロードマップ」を無料で公開しています。

ぜひ、こちらもお役立てください!

Amazonで5冠達成

宣伝会議「Webライティング実践講座」と他講座の比較

宣伝会議
Webライティング実践講座
Writing Hacksウェブタス
Webライターコース
ユーキャン
WEBライター講座
たのまな
WEBライティング講座
価格・ライブ配信:92,400円
・オンデマンド配信:59,400円
89,800円440,000円19,000円32,000円
教材動画動画動画・動画
・ワークブック
・動画
・テキスト、問題集
添削サービスなし3回無制限3回なし
質問対応
サポート期間・ライブ配信:2日間
・オンデマンド配信:7日間
無期限無期限3ヶ月6ヶ月
特徴・ライブ講義に参加
・短期集中で学習
・案件紹介
・教材アップデート
・案件紹介
・キャリアプラン面談
・返金保証
標準学習期間
1ヶ月
資格取得サポート
詳細記事本記事記事記事記事記事
サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
▲スライドできます▲

他講座の多くはWebライター向けですが、本講座は企業内のWeb集客やシステムの担当者向けです。

すぐ使えるテクニックや最新情報を学びたい企業の担当者には、本講座がぴったりでしょう。

ただし、サポートはライブ配信中の質問対応しかなく、他講座と比較しても不十分です。サポート内容と講義のボリュームを考えると、価格は高いと感じられます。

Webライターを目指す人には、宣伝会議「Webライティング実践講座」はおすすめできません。他の講座を選びましょう。